大阪の介護スクールを徹底比較!介護職員初任者研修・実務者研修の資格を取るのにおすすめの介護スクールをご紹介します。

レクリエーション介護士になるには?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/06

大阪の介護施設では機能的回復や介護予防はもちろん、高齢者にとって喜びや生きがいになる趣味や娯楽も求められています。そのためレクリエーションを積極的に展開しているところが多いです。スタッフが高齢者と向き合いながらお互い楽しい日々を過ごすためにもレクリエーションは注目を集めており、専門の資格を取得する人が増加中です。

現場の声を反映したカリキュラム

レクリエーション介護士は趣味や特技を活かして、その着眼点やアイデアなどによって高齢者に喜ばれるようなレクリエーションを提供するスタッフです。その人の持つ背景を理解しながら一人ひとり向き合い、最適なレクリエーションを提供することによって高齢者の生きる喜びを見いだしていくサポートを行うことができます。大阪の介護スクールなどでは介護とレクリエーションの分野を理解することによって、能力やスキルを習得することが可能です。

レクリエーション介護士の資格は、介護業界に関係する人の声を元にして設計され「介護レクリエーションを学び、きちんとコミュニケーションを図りたい」という意見を受けて実現されました。そのためレクリエーション介護士のスクールでは、施設運営者によるレクリエーションなどに関するいろいろな悩みや要望などを反映していて、介護現場において求められる能力や技術などを学ぶことが可能です。

大阪の介護スクールでは長年レクリエーションに携わってきた専門家たちのノウハウが集約したカリキュラムを受けることができ、レクリエーションの第一線において活躍しているさまざまな講師から授業を受けることができます。基本から応用などを学ぶことができ、実践に至るまでいろいろなノウハウが集約されていますので効率よく学習できるでしょう。知識はもちろん、事例や実践などに基づいた講座内容です。

趣味や特技などを活かせるので楽しい

介護の仕事をしている人の場合、資格を取得するといろいろなメリットがあります。たとえばレクリエーションの工夫を理解できたり、レクリエーションのマンネリ化を解消したりできます。趣味や特技をいかすことで高齢者に楽しんでもらうこともでき、高齢者の状態に応じたレクリエーションを的確に組み立てることも可能です。

基礎から論理的に学習できますので、繰り返しながらレクリエーションを生み出す能力が備わります。こういったことは日々の仕事に活かすことができますので便利です。

介護業界に興味のある人にとってのメリットは、介護業界で働くきっかけにできたり、趣味や特技をいかして働くことができたりすることでしょう。資格を取ることがスキルアップにつながり、介護の基礎やレクリエーションの知識についてもバランスよく学習することが可能です。実務経験のない人も安心してチャレンジできる資格です。趣味や特技をベースにしたレクリエーションの企画を学ぶことができますので、これまで培ってきた能力も活かせるでしょう。

介護家族の人にとっても高齢期の心や身体の変化を把握できたり、介護が必要な家族への接し方や喜ばせ方などを理解したりすることが可能です。在宅介護をしている場合であれば、資格を取得した後、今まで以上に介護を受ける人の気持ちを理解できるようになり、コミュニケーションを図ることもできます。

高齢者の心と身体の変化を学びます

レクリエーション介護士になるには、大阪の介護スクールなどを利用するとよいでしょう。通信講座や通学講座を受講すると学習をスタートでき、比較的短期間で取得することが可能です。講座が完了した後、筆記試験を受けて合格すると認定証を得ることができます。

たとえばレクリエーション介護士2級であれば、介護の基本的な知識などを理解し高齢者とコミュニケーションが取れるということを認定している制度です。対象となる人はレクリエーション介護士を目指す人であれば、経験や年齢・資格など不問です。資格を取得すると趣味や職歴をいかしながら、介護現場やボランティアにおいて活躍できます。

介護レクリエーションにおける必要な知識や能力などを段階的に学習でき、高齢者とのコミュニケーション能力を身につけることが可能です。高齢期の心や身体の変化など、コミュニケーションを図る際のポイントを理解できます。学べるポイントとしては、高齢期の身体の変化や高齢者との対話術、表情や声掛けの仕方などが対象です。

趣味や特技をいかして高齢者の喜ぶような企画を作り、継続して楽しんでもらえるようなイベントを行うという視点から、企画や計画を学んでいきますので、自分で企画書を作りレクリエーションを実行できるようになります。コンセプトや目的を明確にした企画書は、レクリエーション介護士としていろいろな活動を行う場合のツールとして活用することが可能です。

 

レクリエーション介護士は大阪の介護スクールで習得でき、通信講座や通学講座などを受講することで効率よく取得することが可能です。合格者は証明書を得ることができ、介護現場やプライベートでも活用できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索